ヤンサカ

キャプテンはつらいよ!?四日市中央工業・東憲也 ~その①~


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫ります。今回は、四日市中央工業高校サッカー部のキャプテン東選手に話を聞きました!

記事2.jpg

■四日市中央工業高校サッカー部キャプテン:東憲也
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:174㎝/68kg
■自分の見てほしいプレー:「ヘディングと、1対1になった時に相手の自由を奪う部分。ゴール前で身体を張るところも自信があります。背はそんなに高くないですが、ジャンプのタイミングや相手を飛ばせない技術で勝負しています。リーダーシップもあって守備で体も張れるセルヒオ・ラモス選手が好きです。攻撃面でも貢献できる選手なので、憧れています。今はケガをしているので、チームのために何ができるかを考えて行動しています」

記事1.jpg

Q:どんな経緯でキャプテンに選ばれたの?
「監督からの指名です。部員みんなで今年の目標や抱負を発表するミーティングがあった時に、監督から発表されました。事前には聞いてなくて、本当にその場で初めて聞きました」

Q:もしかして自分かも、とは思ってた?
「ちょっと思ってました(笑)。でも、自分では副キャプテンの三石がなるかなと予想していたんです。僕らの学年ではリーダー的存在の選手でしたから。1年生グループの頃から三石はリーダーだったんです」

Q:キャプテンとしての日々はどうかな?
「キャプテンになってからは、より責任を背負って、チーム全員のことを見なければいけない立場だと思って過ごしています。今まではそんなこと考えたこともなかったんですが、監督やコーチとのコミュニケーションも増えますし、今はケガもしているので、選手たちにどうアプローチするかも考えます。まだ全然できていませんが、少しずつコミュニケーションという点では、キャプテンになる前とは変わってきたかなと思います」

Q:左足のケガはいつ頃に?
「去年の12月の初めです。プリンスリーグの中京大中京戦で骨折しました。3週間ぐらい入院して、まだ抜糸も残っています。手術も5時間くらいかかりました。折れたところが珍しい箇所だったみたいで、ドクターにも『ここが折れた人は見たことがない』と言われました(苦笑)。今はボルトが入っていますが、高校の間は入れたままプレーします。高校生活が終わったら、また手術してボルトは取る予定です」

Q:キャプテンになったのは、ケガをする前?
「去年の選手権予選が早くに負けてしまったので、新チームのキャプテンになってからプリンスリーグを戦って、すぐの試合でケガをしてしまいました」

Q:復帰時期はいつ頃を考えているの?
「(4月下旬の段階で)やっと走っていい許可が出たので、ここから1ヵ月~1ヵ月半で身体を戻していって、復帰は6月くらいを目指しています」

Q:でも、走れるとサッカーやりたくならない?(笑)
「はい(笑)。走れない時はそう思わなかったんですが、走れるようになって、練習を見ていると一緒にやりたくなってウズウズしてしまいますね。ついついボールも蹴ってしまうんですが、実はまだ止められてます(笑)」

その②に続く!

「寮生の一日」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事

■フィジカル系の関連Q&A
・正しいフォームで走って加速を感じろ!
・"滑らないコツ"をタニラダーの谷先生が伝授!
・ふくらはぎの筋トレは必要ですか?
・スピードがある相手に勝つ方法とは?

■上手くなりたい選手必見!
・取り組んでおきたい!上のカテゴリで通用するためのカラダづくり
・大津、熊本国府の選手に聞く!「コンディショニングで心がけていること」
・"まごにわやさしい"って何だ?チカラを発揮したい選手はみんなやってる!?

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP