ヤンサカ

キャプテンはつらいよ!?日大藤沢・安松元気


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫る。今回は、日大藤沢高校サッカー部の安松キャプテンに話を聞いたぞ!

安松_04.jpg

安松元気
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:178センチ/71キロ
■見てほしいプレー:「後方からのリーダーシップ、体を張った守備」

Q:キャプテンになった経緯は?
「みんなの投票です。部員一人一人が紙に書いて、それを集計した結果、僕に選ばれました。自分でもなりたかったので、それで決まりました」

Q:1年生の時からみんなを引っ張る存在だった?
「そうですね。中学時代もキャプテンでしたし、1年生の時から「自分が引っ張って行こう」と意識していました。監督にも「そういう立場にいろ」と言われていました。そのまま学年が進んだので、3年の時にキャプテンになりました」

Q:キャプテンをやっていて辛いときはありますか?
「あまりないですね。ただ意識しているのは、チームの中で一番上に立つ存在なので、周りの人のことを考えています。学年関係なく仲良くしたいので、自分から下級生に声をかけて接しています。自分が1年生の時は、3年生に声をかけづらかったんです。でも今は少しずつ慣れてきて、わからないことを聞いてくれるので、それは嬉しいところですね」

Q:他に嬉しいことはありますか?
「キャプテンはピッチの中で一番責任を持たなければいけない人間だと思いますが、それでもミスをしてしまうことはあります。その時に他の選手から声をかけてもらうと、自分も支えてもらってるんだなと感じられるので、それは嬉しいですね」

Q:インターハイの出場も決めましたね。
「1点差勝利など、初戦から厳しい戦いが続いたので、出場が決まった瞬間は「やっとだ」という思いで安心しました。ただ、決勝で負けてしまったのが悔しいですね。東海大相模にはリーグ戦でも関東大会予選でも負けていて、3連敗はできないと思っていたのですが、決勝で負けてしまいました」

Q:本大会に向けて一言
「日本一を目指して、初戦から目の前の一戦一戦に全力で臨みます。日大藤沢らしいハードワークのサッカーで戦っていくので、応援よろしくお願いします」

「日大藤沢」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「寮生の一日」の関連記事

■上手くなりたい選手必見!
・青森山田のスピードキングは誰だ!?
・東福岡、試合中の動きをデータでつかむ-POCARI SWEAT SPECIAL SESSION
・【久御山編】あいつに負けないカラダをつくるコツ
・【日南学園編】あいつに負けないカラダをつくるコツ
・取り組んでおきたい!上のカテゴリで通用するためのカラダづくり
・大津、熊本国府の選手に聞く!「コンディショニングで心がけていること」

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP