ヤンサカ

キャプテンはつらいよ!?柳ヶ浦・中山龍聖


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫る。今回は、柳ヶ浦高校サッカー部の中山キャプテンに話を聞いたぞ!

キャプテン2.jpg

中山 龍聖
■ポジション:MF
■学年:3年
■身長/体重:168センチ/58キロ
■自分の見てほしいプレー:「ハードワークです。特に僕たちの学年は走らないと勝てない。それが全員分かっているから走るし、戦えています。チームの先頭に立って、戦う姿勢を出したいです。個人的には結果を残したい。ごっつあんゴールでもいいので得点して、チームの勝利に貢献したいです」

Q:どんな経緯でキャプテンに選ばれたの?
「1年生のときから各学年のキャプテンだったので、2年生になって新人戦の前に自分からみんなにキャプテンになりたいと言いました。もう一人キャプテンはいるんですが、今は怪我で離脱しているので自分一人で大変です」

Q:キャプテンとして心がけていることは?
「自分から率先して練習すること。周りのテンションが高いときは何も言うことはないんですが、低いときは積極的に声を出し、盛り上げています。試合では監督の指示が通りにくいときに、全員に伝わるように声を掛けています」

Q:ズバリ、キャプテンになって良かったことは?
「キャプテンマークをつけて先頭に立てることです。日々充実しているし、試合に勝ったときは嬉しさの度合いが違います」

Q:では、キャプテンになって辛かったことは?
「これまで、もうひとりのキャプテンがいたので、そいつがみんなに厳しいことを言ってくれたんです。これからですかね、キャプテンの苦しみを味わうのは(笑)」

Q:今のチームは「走り勝つ」がテーマになっていますが、選手たちが自ら課したと聞いています。
「そうですね。僕たちの代は特に下手くそなんでハードワークするしかない。それが分かっているから全員が人の分まで走る。このスタイルが全国で通用するかは分かりませんが、自分たちのサッカーを信じて、ガムシャラに熱くなって戦いたいです」

Q:今後の課題などあれば教えてください。
「さらにハードワークをすること。それと1対1に負けないこと。今は走り込みと体幹トレーニングでフィジカルを強くしているので、それぞれがパワーアップしていると思います」

Q:3年ぶりのインターハイ出場となりますが目標は?そして目標を達成するために必要なことは?
「目標はベスト16以上です。そのためには走り切ることはもちろんですが、前線の崩しが必要になると思っています。個人的にはゴールを狙いたいし、攻撃の場面で顔を出せるようにしたいです。先制すれば自分たちのペースになるので先制点にこだわりたいです」

「柳ヶ浦」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「寮生の一日」の関連記事


1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP