ヤンサカ

キャプテンはつらいよ!?盛岡商業・藤原優人


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫る。今回は、盛岡商業高校サッカー部の藤原優人キャプテンに話を聞いたぞ!

キャプテン1.jpg

藤原優人
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:178㎝/69㎏
■自分の見てほしいプレー:「テクニックがあるわけでもなくて、目立つプレーもないけど、ポジショニングやみんながやりたがらない仕事を率先してやるところ」

Q:キャプテンはどうやって決めた?
「3年生が引退するときに監督に呼ばれて伝えられました」

Q:伝えられた時の気持ちはどうだった?
「小学校からサッカーを続けているんですけど、一度もキャプテンをしたことはなくて。しかも、伝統ある盛岡商業のキャプテンということで不安も大きかったんですけど、チームメートの協力に助けられながらやっています」

Q:キャプテンとして意識している部分は?
「暑さとかでだらけてしまう時間もあるんですけど、誰かの一声で雰囲気が変わったりすると思うんです。そこもキャプテンの役割だと思っているので、引き締める声掛けを意識しています」

Q:どういうキャプテンになりたい?
「自分は走ることや激しいプレーでチームを引っ張れるようになりたいです。自分はあまり声で引っ張るという性格ではないんですけど、そこも意識してやっていけるようにしたいと思います」

Q:大変さを感じるのはどんなところ?
「チームが結果を出せなかったときに何か言われるのはキャプテンなので、自分の中で思うことがあってもチームのためにぐっとこらえないといけない。自分がネガティブな言葉を出すとチームに影響してしまうので、精神面の強さも求められるのがキャプテンだと思います」

Q:理想のキャプテンはどんな選手?
「昨季で引退したドイツのフィリップ ラーム選手です。所属クラブでも代表でもキャプテンをしていて、すごく声を出して引っ張るというよりは大事なところで重みのある声を出している印象で、プレーでも目立たないんですけど走ってますし、派手ではなくてもすごく効いているので、お手本にしたい選手です」

Q:選手権に向けて、あと数か月。そこまでの過ごし方、抱負を教えてください。
「総体予選では決勝で負けてしまったんですけど、延長戦で足が止まってきたときに自分が言葉を発したりプレーで見せたりできれば結果が違っていたかもしれないので、あの経験を活かすためにもトレーニングをがんばって選手権で優勝したいです」

「キャプテンはつらいよ」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「寮生の一日」の関連記事

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP