ヤンサカ

キャプテンはつらいよ!?清水東・小林誉貴


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫る。今回は、清水東高校サッカー部の小林誉貴キャプテンに話を聞いたぞ!

キャプテン2.jpg

小林誉貴
■ポジション:CB
■学年:3年
■身長/体重:179cm/70kg
■自分の見てほしいプレー:「ヘディング等の競り合いとフィード」

Q:キャプテンにはどうやって選ばれたんですか?
「去年のインターハイが終わった後、まだ3年生は一部の人が残っていたんですが、2年の僕が長澤(和明)コーチに言われてキャプテンになりました。長澤さんが高校の頃は、3年生は受験のこともあるから、選手権は2年生がキャプテンでやるようにしていたそうなんですが、それを復活させた感じですかね」

Q:伝統ある清水東高サッカー部のキャプテンになるというのはどうでしたか?
「全然予想もしてなかったのでビックリしましたし、やっぱりプレッシャーはありますね。3年生の先輩たちもすごく協力してくれてありがたかったんですが、自分としては先輩には意見を言いにくいし......。もちろん注目もされるし、結果も求められるので、責任の重さは今もすごく感じています。ただ、そういう中で鍛えられて、責任感もかなりついてきたと思います」

Q:キャプテンをやって良かった?
「はい。本当にそう思います。誰にでもできる経験じゃないですし、思うようにいかないこととか、キャプテンをやってみないとわからないこともたくさんあるので、本当に貴重な経験ができていると思います」

キャプテン3.jpg

Q:インターハイで静岡県の決勝に行って、メディアの取材も受けたでしょ?
「たくさん受けました。最初はテレビの取材ですごく緊張して、何を言いたいのか全然わからない感じになっちゃったんですが、実際の放送を観たらすごくうまく編集してくれて良い感じになっていたので、意外と大丈夫なんだなと(笑)。だから、その後は少し落ち着いて受け答えできるようになりました」

Q:今年のチームの特徴は?
「負けず嫌いの奴がすごく多くて、1対1の練習とかでムキになって勝負したり、走りの練習とか自主練でも誰かが頑張っていると、負けたくないからとみんなが意地になって頑張ったりしています。そこは良い面だと思いますし、それが結果にも結びついてきたらいいですね」

Q:今後のチームの目標は?
「選手権の県大会に優勝して全国に行くのが目標です。インターハイで決勝まで行けて、一度全国が見えかけたので、今はより明確なビジョンが出てきて、みんなでそれに向かって高い意識で努力できていると思います」

「静岡県の高校」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「寮生の一日」の関連記事

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP