ヤンサカ

清水東あるある「テレビで長澤まさみさんを見ると...」


サッカーをしているみんななら誰もが共感する、あのシーンやあのしぐさ。。。今回は、清水東高校サッカー部ならではのあるあるネタを取材したぞ!

あるある_1.jpg

①変な間ができたときはサッカー部の出番
岡本「学校祭とか体育祭とかの校内行事の中で、変に間が空いて困ったりすると、サッカー部員が出ていって一発ギャグをするっていうのが伝統になってます(笑)。場が持たなくて困ったら、たとえば「お~ざ~き~(尾崎)♪、カモン、カモン、カモン♪」とみんながコールして、言われた尾崎が前に出て一発ギャグをするんですよ」
山中「代々受け継がれている『ハンマー』というネタがあって、それを年々改良しながらやっているんですけど、それは鉄板な感じでいつも盛り上がりますよ」

②ひたすら「ボールです!」って叫ぶ
尾崎「いつも隣でハンドボール部が練習しているんですが、サッカー部のボールがネットを越えて向こうのコートに行くと、ハンドボールはジャンプしたりしながらプレーしているから危ないじゃないですか。だから、すぐに大きい声で「ボールです!」って言わないといけないんですよ。でも、そこで言わなかったり、声が小さかったりすると、罰として立たされて1人でひたすら「ボールです!」って叫ばないといけないんですよ(笑)。自分はもう3回やったんですけど、マジ恥ずかしいです」

長沢コーチ_あるある.jpg

③テレビで長澤まさみさんを観ると......
山中「コーチが女優の長澤まさみさんのお父さん(長澤和明氏)なので、テレビで彼女を観て、あの人の親に毎日しごかれているのかと思うと、ちょっとドキッとします(笑)。いつか本人に会えたらうれしいですね」

④内田篤人選手に会える
松下「日本代表の内田篤人選手がOBなので、ときどき練習に来てくれるんですよ。この6月はオフということもあって3回も会えましたし、1回練習も一緒にやっていただきました。やっぱりボール際の強さとかプレーのスピードが全然違いますね。あと例え話でドイツのプロ選手の名前が出てきたりするので、やっぱり違うなあと思うし、すごく勉強になります」
岡田「僕はFWなんですが、(内田選手の)スピードとかカバーリングがケタ違いに速くてビックリしました。あと、コーチングがわかりやすくて、味方をうまく動かしていましたし、本当にすごいところがたくさんあって刺激をもらっています」

あるあるを教えてくれたのは、この5選手!

山中_あるある.jpg

山中嘉規 
■ポジション:右MF
■学年:2年
■身長/体重:170cm/65kg
■自分の見てほしいプレー:「キックの質やシュート」

岡本_あるある.jpg

岡本和龍 
■ポジション:GK
■学年:3年
■身長/体重:170cm/67kg
■自分の見てほしいプレー:「パントキックや長いキックの精度」

尾崎_あるある.jpg

尾崎壮大 
■ポジション:FW
■学年:3年
■身長/体重:167cm/64kg
■自分の見てほしいプレー:「ドリブルからのシュート」

松下_あるある.jpg

松下秀矢 
■ポジション:FW
■学年:2年
■身長/体重:169cm/60kg
■自分の見てほしいプレー:「ゴール感覚や得点能力」

岡田_あるある.jpg

岡田尚登 
■ポジション:FW
■学年:1年
■身長/体重:177cm/63kg
■自分の見てほしいプレー:「ポストプレーとシュート」

「清水東」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事


「寮生の一日」の関連記事

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP