【取材校】ヤンサカ編集部がキミの学校をZOOMで取材【募集中!】

約4000校ある中から自身で選びぬいた高校には、必ず理由があるはず!今回は香川の強豪・四国学院大学香川西高校サッカー部の清水祐哉選手と田中輝里十選手に話を聞いたぞ!

14.jpg
田中 輝里十
■ポジション:FW
■学年:1年
■身長/体重:169cm/63kg
■前所属チーム:ガンバ大阪ジュニアユース(大阪)
■見てほしいプレー:背後への抜け出し

15.jpg

Q:香川西を選んだ理由を教えてください。
「中学3年生の時にスタメンで試合に出られるようになったのですが、すでに昇格できないことが決まっていました。進路を探した際、頭に浮かんだのは、2歳の上の兄(真志呂)がプレーしていた香川西。縦に速いサッカーをしていると聞いていて、僕の長所に合うと思って入学を決めました。お兄ちゃんと一緒に選手権に出られたら良いなとも考えていました。高校に入ってから、大変な練習もありますが、みんなとの寮生活を始め毎日を楽しく過ごせています。インターハイ予選では10番を貰い、責任感を感じました。試合に出るからには、きちんとチャンスを決めたい。今後はご飯をたくさん食べて身体を大きくし、毎試合3点獲れる選手になりたいです。選手権は絶対に全国に出て、高卒でガンバに行きたい。ユースに上がれず悔しかったので、ガンバを見返してやろうと思っています」


12.jpg
清水 祐哉
■ポジション:FW
■学年:3年
■身長/体重:164cm/63kg
■前所属チーム:FCグリーンウェーブ(大阪)
■見てほしいプレー:スピードを活かした裏への抜け出し

13.jpg

Q:香川西を選んだ理由を教えてください。
「全国大会に出て活躍するのが目標だったので、どこが出るか分からない地元・大阪ではなく県外のチームに進もうと考えていました。そうした時に、お父さんが調べてきてくれたのが香川西でした。香川西の縦に速いサッカーは自分の持ち味であるスピードに合うと思い、入学を決めました。入った当初は自分が欲しいタイミングとパスのタイミングが合わず悩んでいました。1年生の時から、度々Aチームに上がりながらも定着できず悔しい思いもしました。でも、香川西のスタイルが理解できるようになってからは、自分の長所が出せるようになりました。また、自分の足りない部分であるボールタッチを自主練で補っていくうちに、スタメンに定着できました。選手権では必ず全国大会に出たい。自分の長所を活かして、チームを勝たせられるよう頑張りたいです」

_what_banner1.jpg