熊本県のみならず、九州を代表する強豪の熊本県立大津高校と熊本国府高校。有力校の選手は、試合で実力を発揮するために、どのようなコンディショニングをしているのだろう? 韓国の昌寧で開催された、「2016 Changnyeong Future Cup International Football Festival」に出場中の選手に直撃したぞ!

大津高校の松原亘紀選手と大場秀斗選手は、左サイドでコンビを組んでいる。「2016 Changnyeong Future Cup International Football Festival」の慶南FC U-18戦では、サイドのコンビネーションで相手を崩し、ゴールをお膳立てした。

<熊本県立大津高校>
松原亘紀 MF 1年
IMG_0792.JPG

――得意なプレーを教えてください。

相手の逆を突くことです。もともとはボランチでプレーしていたのですが、新チームになって左サイドになりました。サイドから起点になることと、フィニッシュの場面に関わることを心がけています。左サイドバックの大場選手とも、関わる回数を増やしていきたいです。

――課題として取り組んでいることは?

課題は得点力です。自主練など、自分の時間を使ってシュート練習をしたり、得点力を上げるための練習に取り組んでいます。

――コンディショニングで意識していることは?

試合前のストレッチと、食事をたくさん食べることを意識しています。筋トレで取り組んでいるのは、ハムストリングの強化です。

――「2016 Changnyeong Future Cup International Football Festival」では『アミノバイタル®GOLD』が配布されましたが、飲んでみていかがでしたか?

試合前日の夜に『アミノバイタル®GOLD』を飲んだのですが、体を動かしたときに調子の良さを感じました。講習を聞いて、必須アミノ酸が体に大事なんだとわかったので、これからも飲んでいきたいです。

大場秀斗 DF 1年
IMG_0823.JPG

――得意なプレーを教えてください。

中学時代からサイドバックでプレーしているのですが、攻守に渡って1対1で負けないことを心がけています。試合中は球際の競り合いで勝つこと、オーバーラップをしてサイドハーフを追い越していく動きを意識しています。

――コンディショニングで意識していることは?

練習や試合前にストレッチや体幹トレーニングで体を温めること。食事は、栄養バランスを考えて食べることを意識しています。

――課題として取り組んでいることを教えてください。

自分は右利きなのですが、左サイドバックとしてプレーしています。利き足ではない方の、左足のロングキックの精度を上げることに取り組んでいます。

――「2016 Changnyeong Future Cup International Football Festival」では『アミノバイタル®GOLD』が配布されましたが、飲んでみていかがでしたか?

中学時代から、大事な試合の前に『アミノバイタル®GOLD』を飲んでいます。飲むと、試合の最後までがんばりきれます。目標は大津高校の先輩のように、プロになって日本代表になること。そのためにコンディションも重要になると思うので、講習会で学んだことを活かしていきたいです。

続いては、熊本国府高校キャプテンの杉本丈紘選手と、中盤の要・野口将来選手。大会では180cmオーバーの大型選手を揃えた、韓国の光州FC U-18に対し、粘り強く戦っていた。杉本主将は「相手は体が大きくて、個人では勝てないと思っていたので、チームで戦おうと決めていました。後半は運動量で相手を上回れたと思います」と充実した表情を見せていた。

IMG_1075.JPG

<熊本国府高校>
杉本丈紘 主将 GK 2年

――得意なプレーを教えてください。

セービング、シュートストップ、ゴール前での1対1などです。試合を通して、声を切らさないことを心がけています。好きな選手はイングランド代表のGKジョー・ハート。勢いがあって、気迫あふれるプレーを参考にしています。

――コンディショニングで意識していることは?

大会前は食事に気を使っています。チームとしても、試合の何時間前に何を食べれば良いかを共有しています。試合の2、3時間前に、エネルギーになる麺類を食べています。

――「2016 Changnyeong Future Cup International Football Festival」では『アミノバイタル®GOLD』が配布されましたが、飲んでみていかがでしたか?

前日の講習会の後、夜寝る前に飲みました。今日は午後から試合だったので、午前中に体を動かしたのですが、重い感じもなかったです。気持ち的にも『アミノバイタル®GOLD』を飲むと違います。日本代表選手も愛用していて、結果も出ていると聞いたので、『アミノバイタル®GOLD』を飲んで、少しでもベストパフォーマンスに近づけるようにしていきたいです。

――今年の目標は?

高校サッカーの3大タイトル、新人戦、総体、選手権があるので、3冠を目指しながら、日々のリーグ戦も大事に戦っていきたいです。

IMG_1062.JPG

野口将来 MF 2年

――韓国の年代別代表選手とマッチアップして、いかがでしたか?

相手の6番(キム・ジュンミン・U-17韓国代表)がキーマンだと聞いていたので、プレスをかけて相手が嫌がることをしようと思ってプレーしました。マッチアップして、キックの質の高さは感じましたね。

――得意なプレーを教えてください。

パスで局面を打開して、味方の選手を使って攻撃することです。好きな選手はレアル・マドリードのモドリッチ。味方を使うことで自分の良さを出すところと、シュートやパスなどすべてがうまいので参考にしています。

――「2016 Changnyeong Future Cup International Football Festival」では『アミノバイタル®GOLD』が配布されましたが、飲んでみていかがでしたか?

普段から、試合の日にマネージャーが『アミノバイタル®GOLD』を配ってくれるので、試合前のウォーミングアップが終わったあとと、試合の後に飲んでいます。飲むことで最後まで良い状態で走りきることができますし、講習会でプロ選手が飲んでいると知ったので、自分もプロ選手に近づけるように、これを飲んでがんばりたいです。

――今年の目標は?

まずは新人戦で優勝して、総体の予選や選手権の予選も勝ち上がっていきたいです。