ヤンサカ

サッカー部のキャプテンはつらいよ!?水戸桜ノ牧高校サッカー部編・三沼慶太キャプテン


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫ります。今回は、水戸桜ノ牧高校サッカー部のキャプテン三沼選手に話を聞きました!

kyaptenpure.jpg

■水戸桜ノ牧高校サッカー部キャプテン:三沼慶太
■ポジション:GK
■学年:2年
■身長/体重:182cm/75kg
■自分の見てほしいプレー:「声と積極的な飛び出しとハイボールの処理」

Q:キャプテンになった時の気持ちは??
「入学の時からキャプテンになりたいと思ってましたが、いざなってみるとやはり責任を強く感じますね。同時に「これから強くしてやる」という気持ちも強いです。昨年、最初はチームとしてうまくいってなかったけど、キャプテンを中心にチームはまとまっていった。自分もチームをまとめられるようなキャプテンになりたいです」

Q:どんなタイプのキャプテンになりたいですか?
「積極的に声を出してガンガン引っ張りたいと思っています」

Q:1、2年生だけで部員70名以上。大所帯のチームをまとめるのは大変では?
「1人1人の個性を理解しながらやっていくことが難しいなと感じています。でも、大変だからこそ、やりがいがある。しっかりやっていきたい」

Q:これまで大変だと思った出来事は?
「昨年の選手権県予選の敗退後に新チームが発足し、それから2か月ぐらいしか経っていないのですが、やはり、最初はチームとしてうまくいきませんでした。方向性がバラバラだったし、うまくいかなくてみんながイライラしていた。その時に自分たちで何が悪いかを見直したことによって、チームとしてよくなってきました」

Q:新人戦ではベスト8に入りました。この結果についてどうとらえていますか?
「まだまだ伸びしろがあるということだととらえています。茨城にはいいチームが多いけど、自分たちももっと強くなれると感じました。準々決勝で負けてしまったのですが、その試合でも気持ちの面では負けていなかった。これから精度と完成度を上げて、方向性を合わせていくことができれば、このチームはもっと強くなる。そう確信することができました」

Q:今後の目標は?
「これから関東大会、インターハイ、選手権という大きな大会がある。そこで茨城県の決勝に進出して勝って、本大会に出場するのが目標です。そのためにチームをまとめあげていきたい。全国のステージにチームを連れていきたいです」

その他の記事はこちら

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP