ヤンサカ

サッカー部のキャプテンはつらいよ!?佐賀北高校サッカー部・源五郎丸歩キャプテン


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫ります。今回は、佐賀北高校サッカー部のキャプテン源五郎丸選手に話を聞きました!

8c1756c1b028576d06aceab2565615c35d03457f.jpg

■佐賀北高校サッカー部キャプテン:源五郎丸歩
■ポジション:GK
■学年:2年
■身長/体重:182㎝/72㎞
■自分の見てほしいプレー:「精度のあるキック、素早いパントキック」

IMG_6922.jpg

Q.佐賀北高校サッカー部の特徴は?
「一人ひとりの個性が強い、強すぎるチームです(笑)そんな選手ばっかしだから、自己主張が強く、新チームを結成した時にグループ分けをしたらそれぞれが違う主張を初めて・・・。グループの中でも意見が食い違うし、チームとして同じ方向を向いていないというか、向かおうとしていませんでした」

Q.そんな個性集団をどうやってまとめ上げた?
「まずは怒らないこと。相当我慢しました(笑)。ほめれば気分も良くなるだろうし、譲り合いも出てくるはずと考えました。そうした中で、少しずつ変化が見え始めたので、チームとしての目標を明確にしました。そうすることで、全員が助け合いながら同じ方向に進みだしました。今は、すごくいい感じですよ」

Q.その目標とは?
「まずは佐賀県制覇です。その先には、全国という大きなものがあります。目の前のひと試合ひと試合を気持ちとプレーで勝っていくと達成できると思います。そのうえで、相手に対してリスペクトをして、自分たちも成長していかなければなりません」

IMG_6915.jpg

Q.GKとして、キャプテンとしてどのような戦い方を?
「GKは全体が見えるポジションです。勝ちたい気持ちは持ちつつも、ハイプレスをかけるときと、リトリートするときを使い分けながら試合を進めていきたいと思います。でも、まずは、自分のケガを治してからですね(笑)」

Q.GKから攻撃の指示も?
「中学校の時はFPとしてもプレーしました。そこで、FPの気持ちもプレーも学びました。GKとなって、指示するときにもその経験が役に立っています。もちろん、キャプテンとなってみんなを引っ張っていかないといけない時にも経験が生きています。うまくプレーができなかった時の声のかけ方やアドバイスはGKだけの経験ではできなかったかもしれません。今はケガをしていますが、サッカーは楽しいしとても大好きです。できるだけ続けていきたいですし、そう思わせてくれたのがキャプテンになったからの気持ちです」

その他の記事はこちら

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP