ヤンサカ

サッカー部のキャプテンはつらいよ!?都立東大和南高校・服部凌大キャプテン


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫ります。今回は、都立東大和南高校サッカー部のキャプテン服部選手に話を聞きました!

IMG_9882.jpg_1.jpg

■都立東大和南高校サッカー部キャプテン:服部凌大
■ポジション:FW
■学年:2年
■身長/体重:162㎝/58kg
■今年の目標:「東大和南高校のキャプテンとして、どんな試合にも"南のサッカー"を貫いて勝つ!」

IMG_9985.jpg_1.jpg

Q.キャプテンになった経緯について
「まず、キャプテンは自分たちで決めていいという風になって、選手たちの中で投票で自分になったという感じです」

Q.他にも候補の選手はいたりした?
「いました。キャプテンこの人がいい!っていう選手が他にも多くいたので、キャプテン、副キャプテンという二つの立場を設ける形になりました」

Q.キャプテンになってからチームをまとめる際などに意識していることは?
「一個上のキャプテンの岸本真輝さんは、練習中から自分から声を出して、味方のいいプレーとかも大きな声で褒めて、盛り上げて練習の雰囲気を良くしようという練習の進め方をやっていたので、僕もそこは見習って自分から積極的に声を出して練習の雰囲気を良くしていこうと心がけています」

Q.キャプテンになって自分自身に変化などはありましたか?
「一個上の岸本真輝さんがキャプテンをやっていたときは、自分のことだけというか、自分のプレーをどうすればいいのかとか、自分のことを中心に考えてプレーしていたんですけど、キャプテンになってからは周りをどう生かして、周りにどのように声かけをしてその選手を生かすかとかを考えたり、自分だけじゃなくて他の選手の気持ちとかプレーを考えるようになりました」

IMG_0247.jpg

Q.キャプテンをやっていてよかったなと思ったときはある?
「シュート決まった時とか、「ナイシュー!」とか、キーパーがいいセービングした時とかは「ナイスキー!」とか一つのプレーにみんな反応してくれて、自分が声を出すことによって他の選手も自分と同じように盛り上げようっていうのを自分だけではなくて全員でやるっていうのをみんな意識してきてくれているので、影響を与えてこれていると思えているのがやってよかったなと思います」

Q.キャプテンから見て今年のチームの強みは何ですか?
「まだ、自分たちの代は始まったばかりで、監督からも止める、蹴るの技術が足りていないという風に言われていて、キャプテンとしてもそこは感じていて、自分もその技術が足りていないと思うんですけど、練習中の雰囲気は他の高校に負けないくらい良いので、一人一人が声を出して、一つのプレーのミスに対してもみんなが一人一人それに対して深く考えるようになったり、けっこう練習中から「お前もっとこうした方がいいんじゃないの」とかを言っているのをよく耳にするので、そうやってお互いが高め合っていけるというのが今年のチームの強みだと思います」

Q.今年のチームの目標についてお聞かせください
「上の代が選手権予選ベスト4という素晴らしい記録を立てたんですけど、自分たちもそれができるという自信はありますし、しっかり伝統として引き継がなきゃと思います。岸本真輝さんも「伝説になってはいけない」と言っていて、自分もそのとおりだと思っていて、しっかり引き継いで"南のサッカー"を貫いて勝ちたいと思います」

その他の記事はこちら

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP