ヤンサカ

サッカー部のキャプテンはつらいよ!?市立習志野高校サッカー部編・海田航佑キャプテン

SHAREこの記事をシェア


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、MCタツがキャプテンの本音に迫ります。(取材・企画構成 MCタツ)

■市立習志野高校サッカー部キャプテン・海田航佑
■ポジション:MF
■学年:3年
■身長/体重:身長170センチ/体重67キロ
■見てほしいプレー:キックとドリブル。特にプレースキック。近ければ直接狙います。

kaita2.jpg

タツ:キャプテンやっていてよかったところはどんなところかな?
海田:怪我で離脱していたのもあって、キャプテンやっていてよかったなと思うことは、まだそんなにないですね。でも、少しでも頼られているなと感じることがあると嬉しいですね。1学年上のキャプテンも2学年上のキャプテンも凄く頼られていました。そういうのを見ているとみんなに信頼されるというのは、凄くいいなと思います。
タツ:キャプテンはどうやって選ばれたのかな?
海田:みんなの投票で選ばれました。
タツ:最初指名されたときはどんな気持ちだった?

kaita3.jpg

海田:1,2年の時に先輩の姿を見ていて、自分もそういう立場になってやりたいと思っていました。選んでもらったので頑張りたいという気持ちがあったし、先輩たちを越せるように頑張りたいという気持ちが大きかったです。
タツ:やっぱり、先輩たちは越したい目標?
海田:自分たちより全然上の結果を出していたんで、そういうところを見習って、越したいというのもありました。前のキャプテンはいい選手だったので、いい大学に行きました。プレーヤー個人としても越したい目標です

kaita4.jpg

タツ:市立習志野は伝統校だし、キャプテンの責任も重いよね。
海田:インターハイで市立船橋に負けて、キャプテンですし、10番背負っているというのもあるので、少し自覚が足りなかったなというのを結構感じました。リーグ戦はありますが、次の選手権は1回しかないんで......口先だけにならないよう、自分たちが変わらないといけないなと感じました。
タツ:キャプテンになると考えることは増える?
海田:去年負けた時より、今年のほうが悩みが多くなりました。考える時間も凄く多くなりました。ぼーっとしている時も、凄く長くサッカーのことを考えていたり。どういうふうにチームをよくすればいいかなど、本当に考える時間が増えました。大変ですけど、凄く自分にもプラスになっているなと思います。

熱い思いを語ってくれた、海田くんに注目だ!

その他の記事はこちら


1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP
×