ヤンサカ

聖和学園の寮生の1日とは?朝も夜も自主練を積極的にする!


聖和学園サッカー部の寮生は、どんな1日を過ごしているのか?取材協力してくれたのは、小倉滉太選手です。 (文・小林健志)

■小倉滉太(キャプテン)
■ポジション:MF
■学年:3年
■身長/体重:168センチ/63キロ
■見てほしいプレー:ボランチでの守備、ヘディング

◇小倉選手の一日のスケジュール
05:00~06:30 起床(点呼・自主練)
06:30~07:30 朝食
07:30~08:10 朝練
08:10~15:30 授業
15:30~19:00 練習
19:00~~21:00 自主練
21:00~22:00 夕食/入浴
22:00~23:00 勉強
23:00~05:00 睡眠

聖和学園高男子サッカー部は、ここ数年他の都道府県から入学する選手が増え、寮で生活する選手の割合が多くなっています。 ドリブル、個人技を主体とする華麗なサッカーを持ち味とする聖和学園ですが、練習時間が比較的長く、寮が学校の前にあるということもあり、朝の起床時間前や練習が終わってからも自主練に励む選手がいるそうです。「1~2年生の頃は特に自主練をしっかりやっていました。」と小倉選手は振り返ります。

今年の春、人工芝グラウンドが完成し、自主練に励む選手も増えたそうですが、小倉選手は「もちろん人工芝は良いのですが、土のグラウンドでボコボコしていた中、ボールコントロールを練習することで身についた技術もあります。」と人工芝グラウンドのありがたみを実感しつつも、2年間土のグラウンドで練習したことも良い経験となったようです。

寮の食事に関しては「料理長が変わって美味しくなりました。」と小倉選手も語る通り、高校生の好むメニューを出す形に変わって、喜んで寮の食事を食べる選手が増えたとのこと。食生活もとても充実しているようです。

その他の記事はこちら

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP