親元から離れて寮生活をしている全国の高校サッカー部員たちは、どのような一日を過ごしているのでしょうか。
今回、取材に協力してくれたのは、4大会連続11回目となるインターハイ出場を決めたプリンスリーグ関東1部に所属する栃木の強豪・矢板中央高校。
寮で生活する井上拓海選手に、寮生活について話してもらいました。

井上 拓海
■ポジション:MF
■学年:2年
■身長/体重:168cm/60kg
■前所属チーム:ガンバ大阪門真Jrユース(大阪)
■自分の見てほしいプレー:守備力、推進力

ryo1.jpg
井上選手の一日のスケジュール
6:00 起床
6:30 掃除
7:00 朝食
7:40~16:00 授業
16:00〜18:00 練習
18:00~ 夕食
22:20 点呼
22:30 就寝

ryo2.jpg
■井上選手の寮生活
Q:1日のスケジュールを教えてください。
「自分は起床時間から言うと、朝点呼というのがあるので6時に起床します。そこから6時半から掃除して、2年生は7時から朝食なので食堂に向かいます。そこから一度寮に戻り、準備をして8時に登校する感じです。練習は6時前ぐらいに終わるので、そこから一度接骨院に行ってリカバーとか筋力トレーニングを行い、7時ぐらいには寮に戻ります。そこからお風呂に入ったり、食事をとったりしています。そこからは自由時間で10時半が消灯時間です」

ryo-shokuji2.jpg

Q:自由時間は何をしていますか?
「思ったより自分の時間が少ないので、寮にいても自由時間は1時間ぐらいなのでストレッチをするか、見たいテレビもそこで見ます。ただ、基本的には同部屋の仲間とゆっくり過ごすことが多いかもしれません」

Q:寮生活で成長したことはありますか?
「基本的に中学時代まではズボラだったんです。親に怒られたりはなかったですが、言われたらやるタイプ。でも、寮生活してからは言われなくてもやれるようになりましたね」