ヤンサカ

キャプテンはつらいよ!?履正社・左居隼人


『キャプテンはつらいよ!?』のコーナーでは、サッカー部のキャプテンになってよかったことや、大変だったことなど、キャプテンの本音に迫る。今回は、履正社高校サッカー部の左居キャプテンに話を聞いたぞ!

左居.jpg

左居隼人
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:176.7㎝/70.6Kg
■自分の見てほしいプレー:「空中戦と1対1の強さ」

Q:キャプテンになった経緯を教えてください。
「まず先輩からの推薦がありました。それを受けて平野監督から「やってみぃひんか」と言われてキャプテンをすることになりました。もともと1年生の時も、2年生の時も学年の代表である"総括"という係をやっていました。だから、3年生になったらキャプテンをやりたいとは思っていました。自分の中では自然な流れでのキャプテン就任でした」

Q:実際にやってみて、理想と現実のギャップはありましたか?
「ありましたね。仲間や周りのスタッフの方たちを巻き込んでチームを一つにしていくのが理想だと思っていました。でも、最初はそれが難しく、どうしても自分一人でやってしまう部分がありました。それがキャプテンになってみて感じた理想と現実のギャップかなと思います」

左居3.jpg

Q:キャプテンとして一番つらかった時はいつですか?
「大阪府予選で敗れて、インターハイ本大会の出場を逃した時です。履正社として3年連続でインターハイ本大会への出場を狙っていた中で、自分がキャプテンとして引っ張っていく代でまさかの大阪府予選敗退。先輩たちに申し訳ないという気持ちもありましたし、つらかったですね」

Q:予選敗退を周りからは責められたりもしましたか?
「責められることはなかったです。でも、自分がDFをやっているというのもあって、失点してしまったという意味で責任を感じる部分はありました」

Q:理想のキャプテン像を教えてください。
「インターハイ本大会の出場を逃してしまったので、次の高校サッカー選手権は絶対に出場したい。そして出場するだけではなく、日本一に導きたいと思っています。でも、今はあまりキャプテンという役割にこだわらず、チームとして日本一を目指していく中の一人でいようと思っています。その道が最終的にはキャプテンという部分につながっていくと思いますし、高校サッカー選手権で優勝すれば、自ずと日本一のキャプテンということにもなる。結果的にその時が理想のキャプテンになっている時だとも思っています」

「履正社」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「寮生の一日」の関連記事

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP