ヤンサカ

塩釜FCの1日を円グラフにしたら壮絶なことになった!


クラブユースの高校生たちは、どんな1日を過ごしているのか?

今回、取材に協力してくれたのは、全国大会の常連でもある塩釜FCユース(宮城県)の浅田郁将、千葉銀次郎、山田知哉、長南拓海選手の高3カルテット!

塩釜FC.jpg

・なんで部活じゃなくて塩釜FCを選んだの?
・塩釜あるある「グランドにヤギやタヌキ、〇〇が出る(笑)」

まず平日のスケジュールは4人ともこんな感じ。

◇平日の練習日
06:00~07:00 起床
07:00~08:00 朝食、準備
09:00~16:00 学校
16:00~18:00 帰宅、練習場へ移動
18:00~21:00 練習
21:00~23:00 帰宅、夕食、勉強、風呂
23:00~06:00 睡眠

ごくごく普通の高校生と同じで、4人はそれぞれ別の高校に通学し、放課後に家へ帰ってから塩釜FCの練習グランド(自前ピッチ2面!)に行くそうだ。練習時間がちょっと遅い以外は、部活のみんなときっと同じようなスケジュールだろう。

さて、ここからが面白いところ。塩釜FCがちょっと違うのは土日のスケジュールだ。結論からいうと、めちゃくちゃハード! なんと練習だけの日でも9時間やるらしい!!

◇土日の練習日
06:00~07:00 起床
07:00~08:00 朝食、準備
08:00~08:50 練習場へ移動
09:00~19:00 練習 ※昼食1時間
19:00~23:00 帰宅、夕食、勉強、風呂
23:00~06:00 睡眠

一日.jpg

さらに、選手たちによると、この9時間の練習は密度がかなり濃いそうだ。「ずっと動き回っています」と不敵な笑み(苦笑?)を浮かべていたぞ!

それにしても何でこんなに長~く練習するんだろう?その理由を小野寺陽人監督に聞いてみた。

「厳しい言い方だけど、うちのクラブに来てる子のほとんどは、Jクラブのアカデミーとか県トレにも入れなかったレベルの選手たち。その子たちが高校の3年間で成長して、全国レベルに追いついて、戦えるようになるには、練習の質も大事だけど、絶対に、間違いなく量も必要なんです。
精神論とか言われるかもしれないけど、試合の厳しい場面で"俺たちはあれだけの練習をしてきたんだから負けない"って思える心の支えを作ってあげたいんです。だからうちはけっこう理不尽な練習もしますよ(笑)。
でも、その精神力は、仮にサッカーを辞めたとしても、彼らの人生にきっと役に立ってくる。サッカーがうまいだけじゃない、強い心をもった人間を育てたいんです」

深イイ!

長~い練習時間の裏側には、長年にわたって塩釜FCが全国屈指の強豪クラブであり続ける理由が隠されていた!

「寮生の一日」の関連記事


「あるある」の関連記事


「なんで選んだの?」の関連記事


「キャプテンはつらいよ」の関連記事

■フィジカル系の関連Q&A
・正しいフォームで走って加速を感じろ!
・"滑らないコツ"をタニラダーの谷先生が伝授!
・ふくらはぎの筋トレは必要ですか?
・スピードがある相手に勝つ方法とは?

■上手くなりたい選手必見!
・取り組んでおきたい!上のカテゴリで通用するためのカラダづくり
・大津、熊本国府の選手に聞く!「コンディショニングで心がけていること」
・"まごにわやさしい"って何だ?チカラを発揮したい選手はみんなやってる!?

1

SHAREこの記事をシェア

PAGE TOP