福井の強豪・北陸高校サッカー部のキャプテンは、どんなやりがいを感じて、どんな苦労をしてきたのか。取材協力してくれたのは、チームをまとめる杉村勇輔選手!

4.jpg
杉村 勇輔
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:177cm/71kg
■出身チーム:アルタス若狭小浜FC(福井)
■自分の見てほしいプレー:ゴール前での激しさと身体を張るプレー

Q:キャプテンになった経緯を教えてください。
「小中学生の頃からもキャプテンをしていたので、北陸高校に入ってからも学年リーダーをしていました。その流れで昨年11月の新人戦でもキャプテンを務め、選手権後が終わって新チームになったタイミングで松本(吉英)先生から正式に任命されました」

Q:リーダーシップを発揮するために意識していることは?
「指示するからには、自分がきちんとしないと周りが付いてこないと思うので、練習の時から気持ちを見せたプレーをしたり、筋トレでも正しい動作をちゃんとしたり、お手本になれるように意識しています」

Q:キャプテンをやっていて、しんどかったことを教えてください
「今年の3年生は11人しかおらず、スタメンに入っている選手も八木(悠斗)と僕だけ。チームを引っ張る選手が少ないので難しさを感じる時期がありました。まずは八木に手伝ってもらうのが大事だと考えたのですが、八木も波がある選手なので、その波を高い位置で保てるように言い方などを意識しています」

Q:キャプテンをやっていて、良かったと思った瞬間は?
「タイトルを獲った瞬間だと思うのですが、今年はまだ獲れていないのでありません」

Q:今年のチームの良い所はどんな所?
「1年生がノビノビとプレーしている所です。昨年は厳しい先輩が多くて、良い面もあったのですが、気を遣ってしまいプレーで良くない面が出ていました。なので、今年に入って3年生で話し合い、萎縮しないように接しようと決めました。ノビノビとプレーしてもらいつつ、緩くなりすぎると良くないので、ダメな時は注意するようにもしています」

Q:最後に選手権に向けての意気込みを聞かせてください
「県3連覇がかかった大事な年。先輩たちが築き上げてくれた物がたくさんあるので、僕たちだけの戦いではありません。周りの人たちの分まで意識して、予選に挑みたいです。選手権は人生が大きく変わるチャンス。一昨年は怪我で試合に出られなかったのですが、昨年は北陸高校が松本(吉英)先生になってから初めて得点を奪えました。全国の舞台から得る物が大きかったので、今年もまた行きたいです」

「キャプテンはつらいよ」の人気記事


「なんで選んだの?」の人気記事


「あるある」の人気記事

>

「寮生の一日」の人気記事


「マネージャー」の人気記事