\高校サッカー部のみんなへ!/
「初戦突破」や「優勝!」など今年のインターハイ予選の目標を聞かせてくれ!
目標達成&条件クリアでモレリアネオ3などの豪華賞品を抽選でプレゼントするぞ!
⇨⇨⇨詳細はココから!

ーーー

2021シーズン始動!約4000校ある中から自身で選びぬいた高校には、必ず理由があるはず!
今回は和歌山の強豪・初芝橋本高校サッカー部の住友蓮選手と荻野悟選手に話を聞いたぞ!

hatsuhashi_sumitomo_20210422.jpg
住友 蓮
■ポジション:GK
■学年:3年
■身長/体重:174cm/65kg
■前所属チーム:徳島RAPAZジュニアユース(徳島)
■自分の見てほしいプレー:シュートストップ、一対一の対応

Q:初芝橋本を選んだ理由を教えて下さい。
「元々は徳島県内の学校に進学するつもりでしたが、中学2年生の時にチームのコーチが『県外で挑戦してみたら』とアドバイスをくれたのをきっかけに、県外の学校への進学を考えるようになりました。全国大会に出たいという目標を叶えるには、全国大会にも多く出場している初芝橋本高校がいいと思い、選びました。また、昔、立川小太郎選手(湘南ベルマーレ)が高校時代に取り上げられていた記事を読んでいたので、自分も小太郎さんのようになりたいと思ったのも、選択した理由の1つです。
最初は、家に負担をかけてまで進学した学校で試合に出られなければ両親に申し訳ないという不安がありました。けれど、GKをやっていた父が『お前ならやれる、自信を持ってやってこい』と背中を押してくれました。本当にうれしかったです。
入学してすぐの頃は、1年生チームでスタメン出場させてもらっていましたが、次第に調子が下がっていき、メンバーから外れました。その後のチームの振り分けでも、Cチームに入ることになりました。このままでは3年になっても試合に出られないかも、と不安になった時も、父が相談に乗ってくれました。そのおかげで、どん底からのスタートでも自分を信じて努力することができ、2年生からはAチームに入ることができました。離れていても家族が支えてくれているから、今の自分があります。
全国大会に出るために、僕は初芝橋本に来ました。『後悔しないように』と送り出してくれた両親への最高の恩返しとなるよう、最後の1年間を悔いのないようがんばって、目標を叶えた姿を見せたいです」


hatsuhashi_ogino_20210422.jpg
荻野 悟
ポジション:FW
■学年:3年
■身長/体重:165cm/54kg
■前所属チーム:長野FC(大阪)
■自分の見てほしいプレー:裏への抜け出し、ドリブルからのチャンスメイク、運動量
Q:初芝橋本を選んだ理由を教えて下さい。
「知っている先輩たちが多く進学していて、全国大会にも出ているので、初芝橋本へ進学しました。初橋には寮があるという部分にも魅力を感じました。寮に入れば、サッカーだけにまっすぐ向き合うことができると思ったからです。
実際に進学してみると、2つ上の先輩たちはレベルが高く、同じトップのチームに入れてもらってはいましたが、全然通用しないなと感じました。それでも、2年生になる頃からは試合に出させてもらう機会も出てきましたし、進学を決める前に中学時代のコーチが『プレースタイルは合っているんじゃないかな』と言ってくれていた通り、本当に『サッカーが楽しい』と感じながら毎日を過ごせています。
リーグ戦はプリンスリーグ関西で試合ができるので、強い相手との対戦に毎回ワクワクしています。自分たちが"走れるチーム"だという強みも出せているので、僕たち攻撃陣がしっかりと得点してチームが勝てるようにしていきたいと考えています。
練習では、他の人より多く練習したいと思い、取り組んでいます。交代で練習する場面などでは人数が足りない時に入らせてもらったり、サーバーをやらせてもらったりしています。誰にも負けたくないし、全国大会に出て、全国でも勝ちたいからです。
入学した当初は寮生活も含めて慣れないことばかりでしたが、時間とともに慣れてくるので、不安になることもありませんでした。みんな仲が良くて、学年が違っていても、みんなのことを家族のように感じています。おかげで、親元を離れていても、さびしいと感じることはありません。良い仲間に恵まれたな、と感じています」


_what_banner1.jpg