<<先輩たちの成績を超えて、豪華賞品をゲット!>>
<<インターハイ応援企画|【#インハイチャレンジ】実施中>>


2021年23校目の取材は、昨年度の高校サッカー選手権で準優勝を果たした青森の名門・青森山田高校サッカー部!
取材に協力してくれたのはキャプテンの松木玖生選手だ!今回はチームのリーダーを務めることなどについて語ってくれたぞ!

10matsuki2.jpg
松木 玖生
■ポジション:MF
■学年:3年
■身長/体重:173cm/70㎏
■前所属チーム:青森山田中学(青森)

Q:今年からキャプテンに就任しました。チームのリーダーを務める点についてどう捉えていますか?
「個人ばかりにならないで、チームをまとめていくのがキャプテン。そういう面では個人ばかりにならないように常に周りに気を配りながら、取り組んでいかないといけない。難しい状況ですが、この1年は取り組んでいきたいです。今年のチームはまだ完成形ではないし、常に成長をしているので、自分が3年間学んできていることがあるので、みんなに経験を伝えながらチームを強くしていきたいです」

Q:去年はフォアザチームを意識し、チームを支える側に回っていたと思います。そこはいかがですか?
「去年は迷いがありました。前に安斎颯馬選手がいて、後ろに(宇野)禅斗がいました。自分のポジションが明確ではなかったので、自分自身のプレーができなかった。でも、今年は(役割が明確になったので)よりゴールに着目してやっています」

Q:去年はU-18高円宮杯プレミアリーグが中止となり、スーパープリンスリーグ東北を戦いました。今年は全国の強豪チームと対戦できます。そこはどのように感じていますか?
「同級生の仲間は1年次にプレミアリーグを出場しておらず、経験しているのは自分だけ。チームとして経験不足はあるので、自分が率先してやっていかないといけません。最終ラインも総入れ替えで難しい状況になっているけど、開幕前のサニックス杯などでJクラブの強豪校や高体連の強豪校と対戦できたので、それを生かしてプレミアリーグで1番になれるチームになっていきたいです」

Q:昨年度は高校サッカー選手権で準優勝でしたが、2年連続で決勝で悔しい思いをしました。今年にかける想いが強いのでは?
「冬の選手権までまだまだ時間がありますが、最終的に優勝をまだしていません。中3から含め、全国大会では3年連続で準優勝。そういうところでは悔しい気持ちがありますけど、まずは一戦一戦戦っていくことが大事だと思っています」


cp_banner1.jpg