チームの命運を握る新エース候補に話を聞いたぞ!今回は埼玉の強豪・昌平高校サッカー部の荒井悠汰選手!
選手権で感じたことや今年の意気込みなどを話してくれたぞ!

荒井 悠汰
■ポジション:MF
■学年:1年
■身長/体重:174cm/70kg
■前所属チーム:FC LAVIDA(埼玉)
■自分の見てほしいプレー:突破力を生かした縦への仕掛け

Q:今年はチームの新10番候補として活躍が期待されています。選手権を1年生で経験した点はどのように生かしていきたいでしょうか?
「誰もが憧れる舞台に1年生から立てたことはすごく良かったです」

Q:初めての選手権でした。緊張とかはありましたか?
「高川学園との1回戦ではキックオフ直後にボールを触ったのですが、その瞬間に頭が真っ白になってしまいました。普段は緊張しないのに1回戦は特にそうでパニックになりましたね」

Q:1回戦では終了間際まで0-2で負けている状況だったけど、そこはどうでしたか?
「負けている状況だったけど、最後まで何があるか分からない。諦めない気持ちが勝利につながったと思います」

Q:須藤直輝選手が土壇場で2アシストしました。エースとしてどうあるべきかを示してもらったと思います。そこはどうでしたか?
「あのような大舞台で負けている状況で2アシストを決めました。期待ももちろんあったと思うのですが、あの舞台で結果を出せる選手が生き残れる。須藤くんは自分の憧れでもあるし、須藤くんみたいにならないとプロになれないのでそこを目指してやっていきたい」

Q:高川学園戦以降はどうでしたか?
そこから緊張もせず、いつも通りのプレーができました。創成館との3回戦でゴールを決めましたが、これは中学時代からよく決めていた形。高校に入ってからはあまり出せていなかったけど、あれは狙い通りでした」

Q:エースとして期待をされている以上、新シーズンは去年以上の結果が求められます。そこはどう捉えていますか?
「個人としても今大会は1得点。来年は得点とアシストを増やして、もっと注目されるプレーヤーになりたい。今の時点で10番をつけるか決まっていませんが、須藤くんが1年から3年まで10番を背負っていたので責任が求められる。昨年つけていた8番も一昨年に鎌田大夢くんが背負っていたので良い番号だけど、10番をつけることがあれば自分なりのプレーをしたいです」