<<先輩たちの成績を超えて、豪華賞品をゲット!>>
<<インターハイ応援企画|【#インハイチャレンジ】実施中>>


チームの命運を握る新エース候補に話を聞いたぞ!今回は昨年度の高校サッカー選手権で準優勝を果たした青森の名門・青森山田高校サッカー部の名須川真光選手!
FWへのこだわりやエースとしての意気込みなどを話してくれたぞ!

名須川 真光
■ポジション:FW
■学年:3年
■身長/体重:177cm/71㎏
■前所属チーム:ヴェルディ岩手U-15(岩手)

Q:FWとして大事にしていることを教えて下さい。
「FWとして大事にしているのは監督から言われている1本をこだわること。それはAチームに関わるようになってから、ずっと言われています」

Q:1本にこだわるという点では昨冬の高校サッカー選手権で思うところがあったのでは?
「決勝・山梨学院戦の前半の序盤に自分がトラップをして打てば入る場面があったんです。でも、焦ってダイレクトでシュートを打ってしまい、枠を外すシーンがありました。1本にこだわって打っていれば、チームを優勝に導けていたのかなと思います。今年はどんなに泥臭くてもいいから、1本にこだわってチームを勝たせないといけない」

Q:1本にこだわるという点では練習でもかなり意識をしているのでは?
「晩御飯の時間が始まるギリギリまでシュート練習をしています。1本ずつこだわって打って、納得いくシュートが打てるまでボールを蹴っています」

Q:練習に励む中で青森山田で一番成長したなと思うところはありますか?
「サッカー面では持久力やフィジカル面が成長したと感じています。岩手も雪は降りますが、雪中サッカーはあまりしなかったのでかなり鍛えられました。メンタル面では相手に先制点を許しても追いつこうとするメンタリティーがかなり鍛えられたと思います」

Q:今年から背番号が18から9に変わりました。9番になったことでストライカーとしての自覚が増したのでは?
「9番は代々エースストライカーの先輩が付けてきた番号。どんな大会でも得点を奪ってチームを勝たせる。それが9番の役割。自分が責任を持って、1プレーにこだわってやっていきたいと思っています」

Q:FWとして理想にしている選手を教えて下さい。
「日本代表の大迫勇也選手(ブレーメン)です。海外の選手と対戦してもフィジカルで当たり負けをせず、自分の落としたパスが決定機に繋がるので憧れています」

Q:青森山田でFWを任されていますが、元々FWはいつぐらいからやっていたのでしょうか?
「自分はずっとFWで、FW以外のポジションをやったことがないんです。小学校1年生頃から地元のチームで始め、小学校5年生から中学3年生までヴェルディ岩手SSでやっていました。中学の時は何度かサイドハーフをやることもありましたけど、基本はFW。自分も昔からFWに拘ってやってきたので一番好きなポジションでした」