【全出場校】第100回全国高校サッカー選手権登録メンバー【掲載中!】

2021年89校目の取材は7年ぶり5回目となる選手権出場を決め、28日に行われる国立競技場での開幕戦に登場する大分の強豪・中津東高校サッカー部だ!
取材に協力してくれたのはキャプテンの村本輝選手。キャプテンになった経緯や理想とするキャプテン像などを語ってくれたぞ!

村本.jpg
村本 輝
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:178cm/70kg
■前所属チーム:大分トリニータU-15宇佐(大分)
■見てほしいプレー:「空中戦は得意なので、全部競り勝ちたい」

Q:7年ぶりの全国高校選手権大会の出場おめでとうございます。
「ありがとうございます。今年の目標が全国大会出場だったので、結果を出せたこと、支えてくれた方にいい報告ができて嬉しいです。しかも開幕戦のカードを引き、国立競技場で試合ができます。一生に一度の思い出になることは間違いない。いろんな方が見てくれると思うので、中津東らしいサッカーをしたいです」

Q:国立競技場での開幕カード、キャプテンとして大きな仕事をしましたが、そもそもキャプテンになった経緯を教えてください。
「昨年は副キャプテンをしていたのですが、秋に全国選手権県予選に負けて、新チームがスタートしました。そのときに自分への挑戦として『自分がチームを引っ張るしかない』と思い、立候補しました」

Q:理想とするキャプテン像はありましたか?
「プレーで引っ張るキャプテンはカッコイイと思っていましたが、自分はそういうタイプではない。誰よりも声を出して、発言力でチームをまとめようと思いました。ただ、人と話しをするのは苦手だったので不安でしたが、キャプテンをすることで自然に人と接することができるようになり、緊張することも減りました。コミュニケーション力がついたと思います」

Q:キャプテンをして大変だったことは?
「みんなの個性が強く、好きなようにプレーするので、チームがバラバラなときは大変でした。新チームになってはじめての県の新人大会では2回戦負け。監督からダメ出しされ、自分たちでメニューを考えて練習した時期もありました」

Q:2回戦負けのチームが優勝するまでに、どのようなことが起きたのですか?
「(今年)4月に監督が代わり、まずは自分たちで目標を決めるように指示されました。目標達成のために何をすればいいか、一つひとつ整理してくれたことで、チームのスタイルも約束事も明確になりました。6月の県高校総体でベスト4になったことで自信がついて、次は優勝と思えるようになりました」

Q:選手権の意気込みを。
「全国選手権ではボールを持たれる時間が多いと思いますが、絶対に先制点を与えたくないです。粘れば前線の4人の個人技でゴールを決めてくれるはず。まずは初戦突破したいです」


_what_banner1.jpg