<<インターハイ応援企画>>
<<YouTubeでもおなじみの那須大亮さんがみんなの学校にやってくる!>>
<<また、抽選に参加してくれた選手10名に好きなスパイクをプレゼント!>>


ーーー

2022年19校目はプリンスリーグ関西で戦う滋賀の強豪・近江高校サッカー部!取材に協力してくれたのはゲームキャプテンの岡田涼吾選手だ。
ゲームキャプテンをやっている経緯や今年の意気込みなどを話してくれたぞ!

岡田涼吾3.JPG
岡田 涼吾
■ポジション:MF
■学年:3年
■身長/体重:175cm/63㎏
■前所属チーム:兵庫FC(兵庫)
■見てほしいプレー:球際の強さ、前への推進力

Q:今年はキャプテンが決まっていないと聞きました。そうした中でゲームキャプテンをやっている経緯を教えてください。
「新チームが始まってからキャプテンが決まらないまま、活動をしていました。年明けにやる予定だった新人戦が近付き始めた頃から、監督やコーチから練習前に行う選手への声掛けをするように言われる機会が増えました。自分たちの学年で話し合った際も、みんなが僕にやって欲しいと言ってくれたので、ゲームキャプテンをやっています」

Q:リーダーシップがあるタイプなのでしょうか?
「人を引っ張るのは向いていると思います。年下から弄られる機会も多く、普段からカテゴリーや学年関係なく誰とでもコミュニケーションがとれるのが強み。ピッチ内ではプレースタイルもありますが、厳しく行けるので、引き締まった雰囲気が作れます。去年から試合に出ていたのもあるので、ゲームキャプテンを任されているのだと思います」

Q:これまでキャプテンの経験は?
「中学3年生の頃に経験しています。今考えたら、キャプテンとしてもっとやるべき事があったと思いますが、目の前の試合で勝てるよう精一杯やっていました。最後は自分の学年でリーグ戦を降格させてしまったのが、悔やまれます」

Q:高校生になると部員数が増えて、よりチームを引っ張っていく難しさが増します。どんな事を意識していますか?
「去年から試合に出させて貰いながら、インターハイでは全国大会への出場を逃しました。その辺りから少しずつ自覚が芽生えてきて、選手権予選ぐらいからは自分が引っ張っていかなければいけないと思えるようになりました。監督からも出ていた選手が引っ張って行かないと言って貰い、高校でもチームを引っ張る気持ちが強まりました。自分がもっと質の高いプレーを見せて引っ張るだけでなく、今までの近江高校のサッカー部よりもっと熱い集団になるため、声を出して盛り上げて雰囲気を作れるよう意識しています。そうする事で、1個1個のプレーに拘る集団になるのが目標です」

Q:なぜ熱い集団を目指しているのでしょうか?
「去年、負けた試合を振り返り、何が足りなかったか考えると技術的な部分もありますが、チームとしての一体感が足りなかった。勝つチームと比べると自分たちには足りないように感じました。不甲斐ないプレーをしたチームメイトに対して、全員が怒れるような一体感がなかったり、盛り上げる声も少なかったので、当たり前の所からしっかり始めていこうと思っています」

Q:昨年の代が頑張ってくれたおかげで、今年はプリンスリーグ関西1部で戦えるのは大きな価値を持ちそうです。
「阪南大高と対戦した開幕戦は打ち合いとなり、3-3の引き分けに終わりましたが、自分たちのレベルなら勝つ可能性は十分にあると思いました。これからもっと質を上げて、勝点3を貪欲に目指していきたい。去年は身体的な能力が優れていた選手がたくさんいましたが、今年は足元の技術がある選手がたくさんいます。良い距離感でテンポよくパスを回しながら、ドリブルで相手ゴール前に侵入していくサッカーを磨いていきたいです」

Q:最後に今年の意気込みを教えてください。
「去年はインターハイと選手権で全国大会に出られず悔しい想いをしました。プリンスリーグに昇格した今年はとにかく勝ちに拘り、勝負に貪欲になって全員で戦っていきたい。自分たちの良さを最大限に発揮して、近江のサッカーを全国に見せ付けたいです」

cp_banner1.jpg