<<インターハイ応援企画>>
<<YouTubeでもおなじみの那須大亮さんがみんなの学校にやってくる!>>
<<また、抽選に参加してくれた選手10名に好きなスパイクをプレゼント!>>


ーーー

2022年18校目はプリンスリーグ東海で戦う岐阜の強豪・帝京大可児高校サッカー部!取材に協力してくれたのはキャプテンの原田逸希選手だ。
前編となる今回は、キャプテンに選ばれた経緯や帝京大可児のスタイル、魅力などを話してくれたぞ!

IMG_6449.jpg
原田 逸希
■ポジション:DF
■学年:3年
■身長/体重:178cm/70㎏
■前所属チーム:豊田AFC(愛知)
■見てほしいプレー:「自分は特にフィジカルなどに優れているわけではないので、ビルドアップや時折入れるロングボールが見てほしいところですね。守備で言えばセルヒオ・ラモス選手、ビルドアップでいえばチアゴ・シウバ選手やエリック・ガルシア選手のプレーが好きです。今後は1対1の守備など、センターバックとしてのディフェンス面がまだまだ弱いので、そこを鍛えて、伸ばしていきたいです。ビルドアップもセンターバックですから、ミスはゼロでチームを後ろからしっかり組み立てていきたいです」

Q:まずは自分がキャプテンに選ばれた経緯を教えてください。
「1年生の頃から、1年生だけで動いたりするときには自分がキャプテンのようなことをやったりしていて。ウチはキャプテンを監督やコーチの方たちが決めるんですが、今年の新チームが始まってすぐの頃に自分だと言われました」

Q:自分が選ばれるかなとか、やりたいとか、そういった思いはありましたか。
「1年生でも2年生でもそういったことはやってきていて、監督からも『キャプテンになったらこういうことをしないといけない』というようなことをずっと言われ続けてもきました。そういうことからも自分がキャプテンをやることになりそうだな、と思っていましたし、なったからにはしっかりやろうという覚悟もできていました。キャプテンは中学生の時にもやっていました」

Q:キャプテンという役割や仕事はどんなものだと考えていますか?
「中学生の時にはなかなか"キャプテン"らしいことができていなかったので。高校生でもなれた今回は、チームを支えることであるとか、もし負けているような時にはチームをマイナスからプラスに持っていくこと、それを自分からやっていきたいと思います。他にも調子の悪い選手がいたり、怒っているようなことがあっても、自分がそれをコントロールしてチームが良い方向に行くような仕事ができるキャプテンになりたいと思います」

Q:すごく声を出してそれをやる人、背中で引っ張る人、色々いますが。
「自分はプレーで見せることもしたいですが、声掛けが特に大事だと思っています。僕自身、すごい選手ではないので、毎回良いプレーを見せられるとは思っていません。だから自分がどうであれ、常に声をかけ続けていきたいです」

IMG_6107.jpg

Q:帝京大可児はここ数年特に良い成績、インパクトを残しているチームです。注目度も上がっている中でのキャプテン就任は、重圧もありますか?
「ここ最近は先輩たちが良い成績を残してくれていたり、良い試合を見せてくれていて。僕もそれを近くで見てきたので、チームをそういう方向にもっていかないといけない、というキャプテンとしての責任感はあります。今日もでしたが、練習から良い雰囲気でやっていかないといけないなと思います」

Q:帝京大可児のスタイル、魅力はどうとらえていますか?
「見ていて楽しいサッカーですし、やっていても楽しいんですけど、ボールを大事にして、ボールをつなぎながら、相手を崩していくのが帝京大可児かなと思います」

Q:今年のチームはそのスタイルに加えて、どんな特徴を持っているチームでしょうか。
「今年はFWに長谷部希星がいるので、そこは去年よりもフィジカルが強かったり、身長が高い部分があります。崩しもそうですが、クロスからの得点も増やしていきたいなと思っています」

Q:同じ前線では永井斗梧選手が長期離脱しているわけですが、彼に対するものは?
「やっぱりずっと一緒にやってきたので、寂しい思いはありますが、帰ってきたら前以上のパフォーマンスを見せられるように今は筋トレなどを頑張っています。そこには僕も声掛けをしますし、彼も練習や試合を見て修正点などを言ってくれますから、一緒にプレーできるのを楽しみにしています」

cp_banner1.jpg